【特殊勝利を目指せ!航海士はあなた!】青単ナミの立ち回りとデッキ構築を紹介!

  • URLをコピーしました!

 【この船の航海士は誰?】

 みなさん、Laugh Tale戦闘員のAskerBertです。みなさんがお待ちかね!優秀な航海士「ナミ」がいる安心できるデッキを持ち、ONE PIECEカードを楽しみましょう!

目次

基本スペックとリーダー効果

  • 単色リーダー(青)
  • ライフ5枚
  • パワー5000
  • 効果

 ルール上、自分のデッキが0枚になった場合、自分は敗北する代わりに勝利する。

 ドン‼×1 このリーダーのアタックによって、相手のライフにダメージを与えたとき、自分の デッキの上から1枚をトラッシュに置いてもよい。

ナミの強みと弱み

ナミの強み
  • デッキの枚数が0になった時に勝利

 本来は、デッキが0枚になってしまうと負けになりますが、ナミは違います!

 デッキが0になったら勝ちなので、面白いリーダーです。

ナミの弱み
  • デッキパワーがない

  デッキを減らす事だけ考えていると、どうしてもデッキ自体のパワーラインが下がってしまい、終盤までに、デッキを減らせずにいた場合とても苦しい戦いになってしまいます。

キーカード

デッキ操作で必要なカードを手札に、必要でなければトラッシュに送ってしまおう!

デッキレシピと構築例

  • ファンデッキ!

 懐かしいキャラが豊富!ナミと関わりがあるキャラクターしか入れていないぞ!

 記事はこちら

あわせて読みたい
ナミデッキ構築!①「懐かしき友、強大な敵!」の回し方  みなさん、こんにちは、こんばんは。チームLaughTaleの戦闘員AskerBertと申します。  ONE PIECEカード第3弾「強大な敵」のカードリストが公開された時、ナミのデッキ...
  • 自走型ナミデッキ!

 イベントカードを豊富に!「Mr.1(ダズ・ボーネス)」で回収もできる!「ゼフ」でキャラクターを回収し使いまわそう!

 記事はこちら👇

あわせて読みたい
青単ナミデッキ構築!②「走り切れ!」自走型青ナミの回し方  みなさん、こんにちは、こんばんは。チームLaughTaleの戦闘員AskerBertと申します。  ONE PIECEカード第3弾「強大な敵」のカードリストが公開された時、ナミのデッキ...

基本的な立ち回り

 基本はデッキを減らし、勝利を目指すのが良いです。

 キャラクターカードの「カヤ」やイベントカードの「ゴムゴムの大槌」などを上手く使い良いカードを手札に引き込みつつ、デッキを減らしていきましょう!

 序盤はイベントカードの「ゴムゴムの大槌」や「ウソ━━ップ輪ご━むっ!!!」を使いライフを守りつつ、デッキを減らしていきます。

 中盤に掛けて、キャラクターカードの「ゼフ」や「ベルメール」を使い、大幅にデッキを減らすのも良いかもしれません。

 終盤はとにかく「耐える」この一択です。序盤、中盤に掛けて減らしてきたデッキ枚数を信じ(枚数確認はしよう!)、相手の攻撃も利用しながら勝利を目指しましょう!

デッキ相性

有利対面

黄色系

 黄色系統のデッキはライフを「増やす・減らす」の選択をする場面がありますが、ナミは相手のライフが増えても何も痛くないリーダーなので、基本的には有利だと思います。

概ね戦いあえる

錦えもん・エース・アイスバーグ

不利対面

赤系

 赤系統のデッキは、スピード感があり、体感として厳しいと思いました。

 特に白ひげ相手だと、勝手にライフが減ってしまうので、立ち回り方も考えないといけないですね。

※あくまで個人の体感となります。デッキの構築によって有利不利は変わってきます!

 上記以外のリーダーの相性はまだ試してないので分かりません!みなさんからのご意見をお待ちしています!

終わりに

 ナミの効果(特殊勝利)で勝った時はとても嬉しく、とても楽しく、ONE PIECEカードゲームをより深く考えさせられます。

 みなさんも、優秀な航海士「ナミ」と一緒にONE PIECEカードゲームの世界へ出航しましょう!

 この記事が良いなと思った方は広めてください!少しでも多くプレイヤーをみなさんで増やしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チーム【Laugh Tale】の戦闘員
フラッグシップ優勝1回
フラッグシップ入賞2回
重度のONEPIECEオタクで、勝ちに拘るデッキから、ONEPIECEの世界を再現したデッキ、夢の共演デッキなどの、対戦を只々楽しむカジュアル且つユニークなデッキを作っている
⭐️お気に入りデッキ
白ひげ、ナミ、緑紫ドフィ、カタクリ、

コメント

コメントする

目次