【ONE PIECEカード第7弾】「500年後の未来」8パックバトル 全勝優勝達成のコツと攻略法を伝授します!!

  • URLをコピーしました!

ONE PIECEカードゲーム第7弾「500年後の未来」において、これから8パックバトルに参加する方のために、その攻略法を伝授したいと思います!

あわせて読みたい
【ONE PIECEカード第8弾】『二つの伝説』の収録カード情報(2024年5月25日発売) 2024年5月25日にONE PIECEカード第8弾ブースターパックである『二つの伝説』が発売されます。 海賊王の右腕「シルバーズ・レイリー」がついに参戦!白ひげ海賊団、百獣...
あわせて読みたい
【ONE PIECEカード第7弾】『500年後の未来』の収録カード情報(2024年2月24日発売) 2024年2月24日にONE PIECEカード第7弾ブースターパックである『500年後の未来』が発売されました。 【パッケージ】 パッケージとタイトルからエッグヘッドがテーマとな...
あわせて読みたい
【ONE PIECEカード】スタートデッキ「3D2Y」【ST-14】の収録カード情報  2024年4月27日にONE PIECEカードスタートデッキ「3D2Y」が発売予定です。  バーソロミュー・くまに飛ばされた麦わらの一味の修行風景のイラストなどが描かれると、...
目次

8パックバトルとは

8パックバトルは、その場で開封した8パックから出たカードのみを使用してデッキを組み、対戦をする形式です。
全48枚のカードの中から30枚のデッキを即興で組む必要があるため、プレイングもさることながら、事前のカードプールの把握やアドリブ力も試されるものとなっています。

8パックバトルでのカードプールの把握や、カードの強弱は下記の記事からご確認ください。

あわせて読みたい
【ONE PIECEカード第7弾】8パックバトル必勝攻略!「500年後」の全カードのティア表を大公開! ONE PIECEカードゲーム第7弾「双璧の覇者」に封入されているカードで、8パックバトルをする際の点数表を作成しました!ご参考になれば嬉しいです!また、筆者が8パック...

事前に覚えておきたいこと

8パックバトルは通常の構築戦とカードの強弱が全く異なります。普段はほとんど採用されないようなカードが、8パックバトルでは超強力ということも当たり前のようにあります。

カードの強弱に加え、8パックバトル共通で絶対に覚えておきたいことをお伝えします。

  • 2ターン目以降中盤までは、バニラカードをドン!!の枚数通りに出すことが最強ムーブ。(3ドン!!ターンにパワー5000のキャラを出す、4ドン!!ターンにパワー6000のキャラを出す・・・)
  • 2000カウンターは全て採用する。それでも最大でデッキに5枚程度しか入らない。
  • そのため、パワー6000でのアタックが有効
  • ブロッカーはそれだけで価値がある。
  • そもそもブロッカーを多数採用することが難しいため、ライフを守ることが重要。ライフが減る=リーサルが近づくというのが構築戦よりも顕著。
  • 1000カウンターで守れるものは守っておいた方が良いことが多い。
  • 1:2交換以上を狙えるカード(登場時効果でキャラをKOできるキャラ、2体除去できるイベント等)は強い。
  • イベントカードは、よほど強力でない限りピックの優先度を下げて考える。
  • カウンターレスのカードは、強力な効果を持つことが多い反面、枚数を抑えないと手札でダブついて身動きが取りづらくなる
  • カード枚数の性質上、1000カウンターがあるというだけで採用せざるを得ない場合が多々ある。
  • 2000カウンターが少ないため、終盤は手札があっても簡単にリーサルに到達する
  • 相手のトリガーに関しては、ある程度の割り切りは必要。

構築のコツ

8パック開封して出てくるカードは48枚ですが、使用できないカード(リーダーカードやドン!!カード)が出る可能性もあるため、実質45~47枚程度が構築の候補となります。その中から30枚をデッキとして使用するわけですが、その選出の際は考え方を逆にしましょう。

8パックバトルの構築は、使用しない15~17枚を選ぶものです

8パックバトルでは、明らかに選出に値しないカードというのがいくつかあります。それを除くだけでも、5~10枚程度は入れないカードを選べます。具体的には、使い所がごく限られるイベントカードや、シナジー前提のステージカードなどがそれに該当します。

詳細なカード例は、下記を御覧ください。※点数表の点数が「1」のカードは基本的に入れないほうが良いです。

あわせて読みたい
【ONE PIECEカード第7弾】8パックバトル必勝攻略!「500年後」の全カードのティア表を大公開! ONE PIECEカードゲーム第7弾「双璧の覇者」に封入されているカードで、8パックバトルをする際の点数表を作成しました!ご参考になれば嬉しいです!また、筆者が8パック...

そこからさらに10枚程度不要カードを選ぶわけですが、まず抜くべきか考えるのはカウンターレスのカードです。

カウンターのついていないキャラは、強力ではありますが場に出せなければそのまま手札で腐ってしまいます。入れすぎには注意しましょう。また、イベントカードは「どんな展開になっても使うチャンスがある」というのを採用の基準にしましょう。「ピンポイントでこういう場面で使えば強い!」というカードは、使う場面か来ずに腐ることが結構あります。

次に抜くべきか考えるのは、1000カウンターでしか用途のないカードです。採用枚数の関係上、1000カウンターでしか用途のないカードも入れざるを得ないのが8パックバトルです。その中でも、少しでも使用する可能性のあるカードを残し、本当に使用する場面がないカードを抜いていきましょう。

以上を進めていき、30枚になったら完成です。もし構築後に時間が余ったら、シャッフルして上から5枚見るを繰り返してみましょう。初手にどんな確率でどのカードが来るか、なんとなく把握することができます。もしそれでバランスが悪い(3,4コストで場に出したいカードが全然引けないなど)ようであれば、優先度の低いカード1,2枚を抜き、不足している役割を担えるカードと入れ替えましょう。

プレイングのコツ

8パックバトルは、テンポを取ることが非常に重要です。特に2ターン目は、先攻後攻問わずパワー5000以上のキャラを出したいところです。序盤はキャラの取り合いになることが見込まれるため、キャラを展開ができないターンがあるとそれだけ負けが近づきます。

序盤~中盤にやりたいこと:手札の出せるキャラの中で、パワーが最も高いキャラを出す。ドン!!が余る場合は、相手のパワー+1000で攻撃する相手のレストのキャラがいる場合は優先的に攻撃する

うまく展開ができていれば、「相手のレストのキャラのパワー≦こちらの攻撃できるキャラのパワー」という盤面になりますので、キャラを攻撃して相手のリソースを削っていきましょう。ただし、無理にドン!!を付与してキャラ処理をするよりも、パワーが高いキャラを展開することを優先した方が、後々有利になりやすくなります。キャラ処理ができなくても、手札を削れたと割り切ることも重要です。

なお、自分のデッキとの兼ね合いになりますが、デッキに強力なパワーカードがない場合や、手札が悪く思ったような動きができない場合は、ライフレースで勝つことを優先に、相手のパワー6000以上のキャラは無視してライフを攻めに行くことも検討しましょう。2000カウンターが少ないこともあり、意外とアタックは通りやすいです。

終盤にやりたいこと明確なリーサルがあるかを考える。ない場合は、返しのターンに負けないこと最優先にする。ほぼ負けがない場合は、相手のライフに圧をかける。ブロッカーを展開する。

終盤は、通常の構築戦よりもわかりやすいです。ブロッカーや2000カウンター、トリガーが少ないため、意図した攻撃が思った以上に通りやすいです。パワー6000でリーダーにアタックし、通ったらそのままリーサルを狙う、守ったらキャラ処理に切り替えるなど、基本的な動きが非常に有効です。

また、終盤のブロッカーは非常に強力です。キャラを守るためにもライフを守るためにも、ブロッカーがあれば登場させてターンを返すことを意識しましょう。ただし、レストにしたりKOしたりするカードもありますので、過信は禁物です。

カウンターで守る基準:手札1枚でキャラを守れるときは守り得。パワー5000でのリーダーへのアタックは守った方が良いことが多い。

基本的に同値でのアタックは守りましょう。デッキに1000カウンターとしてしか活用できないカードがある以上、それを優先的に使って守っていきます。例外的に、次のターンに絶対使用したいカードでしか守れない場合は、守らずに次のターンに備えることもあります。

「500年後の未来」の特徴

2000カウンターが豊富

前回の双璧の覇者環境と比較し、2000カウンターの種類がかなり増えています。特にコモンのカードに2000カウンターが増えており、コモン5種、アンコモン4種、レア4種、Sレア1種の合計14種類も存在します。そのため、6000アタックが以前ほど強力ではなくなっています。

しかしそれでも引けていない場合も多々あるので、6000アタックは相変わらず有効だと思われます。

黄色のカードが強力

この8パックバトルのルール上、「500年後の未来」の黄色のカードは、シークレットのエースを筆頭に化け物揃いです。キャラカードはチョッパーを除いて必須級のカードばかりです。特にベガパンク関連のカードは、リーダーが全ての名称を持っている関係上、全てのカードがトリガーで無条件で登場します。どれも入れない理由がないほど強力です。しかもレアリティが低いカードが多いため、複数枚投入できる可能性も大いにあります。逆に、相手のライフを攻撃した際には、いつでもキャラが登場する可能性があると思っておきましょう。

効果による除去が貧弱

効果除去が可能なカードに、実用レベルのものがかなり少ないです。Sレア以上の引きにくいカードを除くとほとんど存在しないため、バトルによるKOを守ればキャラは守りやすいです。

リーサルが遠くなる

ブロッカーの種類がそこそこ多いのと、前回なかった「アタック不可」の効果を持つカードが複数あり、リーサルが遠ざかることが多くあります。テンポ勝ちを狙いに行って意外と最後のライフが遠く、結局リソース差やパワカで捲くられないように注意しましょう。

おわりに

 そもそも当選することが難しい8パックバトル。せっかく当選したからには何としても優勝を目指したいですね!

 この記事を参考に、一人でも多くの方が優勝できたら嬉しいです!!

 最新の情報をTwitterでお知らせしていますので、フォローをお願いします。

 皆さんも一緒にワンピカードを広めていきましょう。

あわせて読みたい
ワンピースカードのオンラインオリパのおすすめ&優良店舗3店の口コミや評判を紹介【ONE PIECEカー... みなさんONE PIECEカードゲームは楽しんでいらっしゃるでしょうか。 競技や対戦をする楽しみもありますが、やはり「集める」楽しみもありますよね。ああ 初めは正直、パ...

24時間いつでもオリパを引ける!
最短即日発送&送料無料で自宅に届く
大人気キャラ高額カードが当たるかも!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チーム【Laugh Tale】の勘定奉行
強いカードと妨害カードが大好きなカードゲームプレイヤー。
クロコダイル愛ゆえにクロコダイルデッキを日々研究しているが、未だ結果は出ず。

お気に入りデッキ
青クロコダイル
黄色シャーロット・カタクリ
青黒サカズキ

入賞歴
8パックバトル優勝1回
フラグシップバトルEX92位(1000人規模大会)
フラグシップバトル優勝1回
フラッグシップバトル入賞6回
スタンダードバトル優勝多数

コメント

コメントする

目次