【ONEPIECEカード第4弾】チャンピオンシップ2023 1次予選(広島大会)優勝デッキレシピ徹底解説!勝利をつかむための必勝戦略とは?

  • URLをコピーしました!

 みなさん、こんにちは、こんばんは。2023年6月10日(土)に開催された、チャンピオンシップ2023 1次予選(広島大会)の優勝デッキについて、徹底解説していきます!

また、チャンピオンシップ2023 1次予選(宮城大会)の優勝デッキについては下記記事を御覧ください。

あわせて読みたい
【ONE PIECEカード】CS優勝3回!青黒レベッカのデッキレシピを徹底解説  2023年CS1次予選エリア大会において、3度の優勝を飾ったレベッカデッキ!その強さは本物ですが、デッキの理解をしないと上手く回すことも難しいデッキです。  一緒...
あわせて読みたい
【ONEPIECEカード第4弾】チャンピオンシップ2023 1次予選(宮城大会)優勝デッキのFilm型ドフラミンゴのレ...  みなさん、こんにちは、こんばんは。2023年6月18日(日)に開催された、チャンピオンシップ2023 1次予選(宮城大会)の優勝デッキについて、徹底解説していきます! また...
目次

リーダー「エドワード・ニューゲート(白ひげ)」について

  • 単色リーダー(赤)
  • ライフ6
  • パワー6000
  • 効果

 自分のターン終了時自分のライフの上から1枚を手札に加える。

 第2弾環境中期から、常に最前線で結果を出し続けているリーダーです!

リーダー効果の注意点
  • 自分のターン終了時効果は、強制効果です。これを防ぐ効果を持つカードを使用していない限りは、ライフを手札に加える効果を忘れないように注意しましょう。

白ひげの強みと弱み

白ひげの強み
  • パワー6000による圧倒的な攻撃力および防御力
  • 初期ライフ6による実質的なハンドアドバンテージ
白ひげの弱み

 自身の効果によりライフが減っていくため、中盤〜終盤にかけて守りを固めなければならない

優勝デッキレシピ

優勝デッキの特徴

高コスト帯のキャラを複数採用

 6コストのキャラがサッチ×4と、さらに特徴が白ひげ海賊団でないにもかかわらず、ヤソップが1枚採用されています!このデッキの主軸として、後攻3ターン目に必ず登場させるという強い意志を感じますね!

 さらにそれだけではなく、7コストエースも4枚フル投入されています。今まではカウンターがついていないこともあり枚数調整されがちなエースでしたが、終盤のしのぎあいに重点を置いていることが分かります!

赤 7コスト パワー7000 カウンターなし

登場時 相手のキャラ2枚までを、このターン中、パワー-3000。その後、自分のリーダーが『白ひげ海賊団』を含む特徴を持つ場合、このキャラは、このターン中、速攻を得る。
(このカードは登場したターンにアタックできる)

5コストマルコの不採用

赤 5コスト パワー6000 カウンター+1000

自分のターン中 登場時 相手のパワー3000以下のキャラ1枚までを、KOする。
KO時 自分の手札からイベント1枚を捨てることができる:このキャラカードをトラッシュからレストで登場させる。

 最も驚いた点は、強力なカード筆頭と言われている5コストマルコが1枚も採用されていなかったことです!考えられる理由としては、以下の3点が考えられます。

  • 登場時効果が有効に働くゾロ、ロー相手にはそもそも有利であること。
  • 赤デッキではほぼ確実に入っているため、あらゆるデッキでケアされてしまうこと。
  • イベント採用枚数を絞っているため、復活効果を発動できる機会が少ないこと。

毛皮強化(ガードポイント)を減らしブルックを採用

赤 1コスト

カウンター 自分のリーダーかキャラ1枚までを、このバトル中、パワー+3000。

 毛皮強化(ガードポイント)の採用枚数が2枚と減っている代わりに、2000カウンターのブルックが2枚採用されています。これは、終盤にキャラの白ひげを連続で登場させた際に、常に1ドン!!しか余らず、ラディカルビームが2,3枚あれば、残りは2000カウンターの方が使い勝手がよいという判断かと思われます。(なお、ブルックを登場させる機会はほぼ無いかと思います。)

優勝デッキの回し方

<序盤>

イゾウや白ひげ海賊団で、必要な手札を揃える

<中盤>

・最速でキングデューやサッチを登場させる

・エースを登場させ、相手のレストのキャラを処理する

・ライフが心もとない場合は、4コストマルコを登場させ守りを固める

<終盤>

キャラクター白ひげを登場させ、相手のライフを攻めに行く

優勝デッキ対策

 大型キャラ(キングデュー、サッチ、エース、白ひげ)にどう対処していくかを考えましょう。展開力があるわけではありませんので、1体1体のキャラに対して対処方法を持っておくことが重要です。

また、白ひげ対策という意味では、ピンポイントで8コストイッショウが有効です。ほぼ確実に手札2枚を捨てさせることができます。

終わりに

 第4弾環境最初の大型大会は、前評判通り白ひげデッキが優勝という結果になりました。重量級のキャラで強力な攻めを継続できる一方で、守りは繊細な判断を要求されるデッキとなっています。

 これから白ひげを使用される方も白ひげに対峙する方も、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チーム【Laugh Tale】の勘定奉行
強いカードと妨害カードが大好きなカードゲームプレイヤー。
クロコダイル愛ゆえにクロコダイルデッキを日々研究しているが、未だ結果は出ず。

お気に入りデッキ
青クロコダイル
黄色シャーロット・カタクリ
青黒サカズキ

入賞歴
8パックバトル優勝1回
フラグシップバトルEX92位(1000人規模大会)
フラグシップバトル優勝1回
フラッグシップバトル入賞6回
スタンダードバトル優勝多数

コメント

コメントする

目次